新着情報-京都で一日葬・火葬式・小さなお葬式・家族葬なら株式会社 伸和社へどうぞ。

伸和社の葬式後のアフターフォロー一覧。葬儀以外にもご相談下さい。



葬儀に関する専門用語 54

密葬(みつそう)

事情により、内々で葬儀を行うこと。

社葬などを行う前に、身内だけで葬儀を行うことも密葬といいます。


葬儀に関する専門用語 53

喪章(もしょう)

喪に服していることを示す黒色の腕章やリボン。

また弔問客が、喪服の代用として付けて参列することもあります。


葬儀に関する専門用語 52

木魚(もくぎょ)

読経や唱名のさいに打ちならす法具。

木製で内部がくりぬかれ、表面には魚鱗が彫り込まれています。

木魚の名は、魚は昼夜頁を開けているところから、怠惰を戒めたものだといわれています。


葬儀に関する専門用語 51

三具足(みつぐそく)

花瓶、香炉、燭台の三種類の仏具のこと。  

花瓶は主に青銅や錫や陶器製。

ただしこれには色花を立てるのではなく、常盤木の常緑の枝をたてます。

常盤木の代表が樒(しきみ)。香炉は線香や抹香を焚くもの。

並べ方は、中央に香炉、右側にローソクを立て、左に花立てを並べます。


葬儀に関する専門用語 50

守り刀(まもりがたな)

北枕に寝かした遺体の布団のうえに、刀を置く習慣の意。

守り刀は、武士の「葬送行列次第書」にあるように、武士の死者はその枕頭に刀を置いた名残。

遺体の魔除けのためと信じられています。

刀のほか、小刀、カミソリ、はさみが用いられています。

また木刀を袋に入れたものを使うこともあります。


葬儀に関する専門用語 49

枕飯(まくらめし)

死者の枕元に供える御飯。枕団子と同様に死後ただちに作らねばならないとされています。

これを作る理由は、死者は息を引き取るといったん善光寺参りをしてくるという俗信があり、善光寺あるいは他の霊場へ行くための弁当であり、急いで作らねば出発できない、成仏できないといわれています。

あるいは魂叫びの一種で、死後肉体から離れた霊魂が飯のなかに宿り、復活することを念じた儀式。


葬儀に関する専門用語 48

枕団子(まくらだんご)

死者の枕元に供える団子。

枕団子は上新粉を蒸してつくり、三法に白紙を敷きそこに乗せて供えます。

「大般涅槃経」によると釈尊が涅槃に入られるとき、無辺菩薩(むへんぼさつ)が香飯を献上したさい、釈尊は辞退して食べなかった。

そこで死後団子を供えることとなったと述べられています。


葬儀に関する専門用語 47

枕経(まくらぎょう)

臨終勤行ともいい、枕飾りができたあとの納棺の前に、死者の前で行われる読経。

ふつう菩提寺の僧侶に依頼します。真宗の場合を例にしますと、「正信偶」「短念仏」「回向」が読まれます。


葬儀に関する専門用語 46

枕飾り(まくらかざり)

遺体を安置したあとに、遺体の枕元に設置する小さな祭壇。

台を置き、そのうえに線香、燭台、花立のほか、コップに入れた水、枕団子、一膳飯を飾ります。


葬儀に関する専門用語 45

埋火葬許可証(まいかそうきょかしょう)

死亡届けを役所に提出したさいに火葬許可証が交付され、この書類を火葬場に提出し、火葬がすんだあとに日時を記入して返してくれます。

これが埋葬許可証で、埋葬のときまで骨壼と一緒にしておき、なお埋葬許可証は五年間の保存義務がります。埋葬するさいには、寺院、墓地の管理事務所に提出します。


coopyright(c)伸和社 All Rights Reserved, Produced by FrontMountain.

無料で相談を承ります。早朝でも遠慮なくお電話ください。24時間365日受付可能

24時間365日安心のフリーダイヤル

火葬式、小さなお葬式、告別式、家族葬のご相談はこちら。0120-69-0003

お問い合わせ・見学会・事前相談も随時受付(秘密厳守)