コロナウィルスでお亡くなりになった場合の葬儀の形-京都で一日葬・火葬式・小さなお葬式・家族葬なら株式会社 伸和社へどうぞ。

伸和社の葬式後のアフターフォロー一覧。葬儀以外にもご相談下さい。



昨日に引き続き、コロナ関連のお知らせです。

著名な方がコロナウィルス感染で亡くなられた際のニュースを、TVでご覧になられた方も多いと思いますが、コロナウィルス感染でお亡くなりになった場合、通常の葬儀の形と異なります。

今日はコロナウィルスに感染してお亡くなりになった場合の葬儀の形について、厚生労働省からの指針も踏まえて、ご説明しておきます。

 

死後に故人と面会できない

コロナウイルスで亡くなった場合、感染を防ぐため遺体は非透過性納体袋にすぐ収められます。

非透過性納体袋とは、遺体を収めるための巨大サイズのジップロックのようなもので、そこに密封された後、棺に納められます。

たとえ肉親であっても、故人に触れることはおろか死に顔を見ることさえできません。

 

葬儀を開催できない

 感染リスクを考えると、通常の葬儀を行うのは困難です。

宗教儀式は後日行うにしても、まずは火葬するということになります。

 

すぐ火葬しなければいけない可能性がある

通常は亡くなってから24時間以内の火葬は認められていません。

その理由は、今と比べて死亡判定の精度が低かった時代に、故人の蘇生の可能性を考慮したからだと言われています。

しかし特定の伝染病の場合は、感染防止目的で24時間以内の火葬が認められています。

ペストやエボラ出血熱などがその対象で、現在はコロナウイルスも同じ扱いとなっているため、亡くなったその日に火葬ということもありえます。

火葬時間は、感染リスクを配慮して、斎場と相談の上、決まりますが、こちらでも最後の面会はできません。

葬儀の形態としては、ご遺体が安置されている場所(病院・警察等)からの直葬となる形が多いです。

 

人生の最期の時に、コロナウィルス感染で亡くなり、家族の誰とも会えずに火葬するということを考えると、本当に胸が痛くなります。

一人一人が感染予防を心掛け、コロナウィルスの一日も早い収束を願っております。

コロナウィルスの影響で、大切な方の最期のお見送りの方法を悩んでおられる方が多い昨今ではありますが、当社ではご家族様が安心して、お見送りできるよう細心の注意をはらってご施工しておりますので、遠慮なくご相談ください。


  

小さなお葬式、火葬式プラン

直葬プラン

直接火葬場に向かうプランです。

火葬式12万円~

お迎え、ご安置、火葬。式を行わない火葬のみ。

式を行わない火葬だけのプラン

伸和社のプレニードプランにおいて、最もシンプルなプランになります。

直葬プラン一覧

通夜を行わない告別式だけの小さなお葬式。一日葬プラン

一日葬プラン

祭典ホール使用のプランです。

一日葬25万円~。

お迎え。ご安置、告別式、初七日、火葬。通夜を行わない告別式だけのプラン

通夜を行わない告別式だけのプラン

告別式のみで故人をお送りしたい方に最適なプランとなります。白木祭壇に変更可能です。

一日葬プラン一覧

通夜、告別式を行う一般的なお葬式。家族葬プラン

家族葬プラン

祭典ホール使用のプランです。

家族葬プラン35万円~。

お迎え、ご安置、通夜式、告別式、初七日、火葬。通夜告別式を行う一般的な家族葬。

通夜・告別式を行うお葬式プラン

ご家族を中心に故人をお送りしたい方に最適なプランとなります。白木祭壇に変更可能です。

家族葬プラン一覧


coopyright(c)伸和社 All Rights Reserved, Produced by FrontMountain.

無料で相談を承ります。早朝でも遠慮なくお電話ください。24時間365日受付可能

24時間365日安心のフリーダイヤル

火葬式、小さなお葬式、告別式、家族葬のご相談はこちら。0120-69-0003

お問い合わせ・見学会・事前相談も随時受付(秘密厳守)