葬儀豆知識 (表書きについて)-京都で一日葬・火葬式・小さなお葬式・家族葬なら株式会社 伸和社へどうぞ。

伸和社の葬式後のアフターフォロー一覧。葬儀以外にもご相談下さい。



お香典の表書きについて質問を受けることがよくあります。

香典は、お香や花の代わりに霊前に供える金品のことです。

急な不幸で出費がかさむ遺族を、経済的に支えるという意味も込められていても香典はもともとお香の代わりということで「香料」とも呼ばれています。

香典袋は、祝いときの「祝儀袋」に対して「不祝儀袋」と呼ばれ、袋に付いた水引の上段に献辞と呼ばれる「表書き」を記し、その下に自分の名前を書きます。

「表書き」には、たくさんの種類があります。

一般的に、仏式の場合は通夜や葬儀では「御霊前」と書かれたものを使用します。

そして四十九日までは「御霊前」を用い、四十九日の忌明け以降は「御仏前」または「御佛前」となります。

ただし、仏教でも浄土真宗の場合は、通夜や葬儀でも「御仏前」と書きます。

浄土真宗では「往生即成仏」という考えから「御霊前」という言葉を使わないからです。

表書きには、その他のものとして「御香典」「御香料」「御香華料」「御弔料」「御悔」などがあります。

宗派がわからないときや、迷ったときは「御香典(御香奠)」と書いておけば問題ないでしょう。

キリスト教の場合は、不祝儀袋は「水引」のないものを用いましょう。

一般的に、表書きは「献花料」と書きます。これはカトリック、プロテスタントの両方に使えます。

プロテスタントでは「弔慰料」、カトリックでは「御ミサ料」と書くこともあります。

神道の表書きは、一般的には「御玉串料」と書きます。

その他「御霊前」「御神前」「御榊料」などと記すことがあります。

香典袋には、宗教・宗派を問わず、表面の下段には、フルネームで自分(会葬者)の名前を書くようにしましょう。


  

小さなお葬式、火葬式プラン

直葬プラン

直接火葬場に向かうプランです。

火葬式12万円~

お迎え、ご安置、火葬。式を行わない火葬のみ。

式を行わない火葬だけのプラン

伸和社のプレニードプランにおいて、最もシンプルなプランになります。

直葬プラン一覧

通夜を行わない告別式だけの小さなお葬式。一日葬プラン

一日葬プラン

祭典ホール使用のプランです。

一日葬25万円~。

お迎え。ご安置、告別式、初七日、火葬。通夜を行わない告別式だけのプラン

通夜を行わない告別式だけのプラン

告別式のみで故人をお送りしたい方に最適なプランとなります。白木祭壇に変更可能です。

一日葬プラン一覧

通夜、告別式を行う一般的なお葬式。家族葬プラン

家族葬プラン

祭典ホール使用のプランです。

家族葬プラン35万円~。

お迎え、ご安置、通夜式、告別式、初七日、火葬。通夜告別式を行う一般的な家族葬。

通夜・告別式を行うお葬式プラン

ご家族を中心に故人をお送りしたい方に最適なプランとなります。白木祭壇に変更可能です。

家族葬プラン一覧


coopyright(c)伸和社 All Rights Reserved, Produced by FrontMountain.

無料で相談を承ります。早朝でも遠慮なくお電話ください。24時間365日受付可能

24時間365日安心のフリーダイヤル

火葬式、小さなお葬式、告別式、家族葬のご相談はこちら。0120-69-0003

お問い合わせ・見学会・事前相談も随時受付(秘密厳守)