家族葬への参列の断り方-京都で一日葬・火葬式・小さなお葬式・家族葬なら株式会社 伸和社へどうぞ。

伸和社の葬式後のアフターフォロー一覧。葬儀以外にもご相談下さい。



家族葬への参列の断り方で大切なことは、葬儀の知らせを行う段階で、参列を辞退する旨を伝えることです。

葬儀の知らせは電話やメールで行うのが一般的ですが、その際に家族葬で行うことを知らせるとともに、参列は辞退することも伝えましょう。

その際、お通夜や葬儀の会場についての情報も伏せておくほうがいい場合があります。

必要最低限の情報だけ伝えるほうが、参列を辞退したいという遺族の意向が、より伝わりやすくなるからです。

また家族葬を行うことを知らせた人には、他の人に連絡しないようにお願いしておきましょう。

葬儀後に改めて連絡することを説明しておけば、知らせた人にも対応を心配されることはないはずです。

尚、参列をお断りすることを心苦しいと感じる場合などは、葬儀後にお知らせする方法を取るのもひとつの手段と考えられます。

葬儀前の案内を控え、葬儀後に挨拶状で知らせる断り方の形も増えています。

葬儀の案内は家族や親しい人など、参列をお願いしたい人にだけ行い、遠くに住んでいる人や、以前より付き合いが減った人などには葬儀後に知らせます。

事後報告にすることで、予期せぬ葬儀への弔問を減らすこともできるでしょう。

葬儀の案内をする人を限定することで、葬儀を行うことが知られることなく、自然に参列を辞退することにつながります。

故人が生前お世話になった人に対し、家族葬の参列を断ること自体は失礼にあたりません。

ですが、亡くなったことや葬儀を行ったことは、葬儀後に報告するのがマナーです。

事後報告をする場合に注意したいのは、家族葬で見送ったことやすぐにお知らせしなかった理由や、お詫びの気持ちを伝えることです。

最低限の人だけに参列をお願いすること自体は悪いわけではありませんが、参列できなかった人の中には、葬儀に参列して故人とお別れをしたかった人がいるかもしれません。

そのようなトラブルを避けるためにも、故人の遺志や遺族の判断で家族葬になったことや、知らせが遅くなったお詫びの気持ちなどを、丁寧に説明することが大切です。


  

小さなお葬式、火葬式プラン

直葬プラン

直接火葬場に向かうプランです。

火葬式12万円~

お迎え、ご安置、火葬。式を行わない火葬のみ。

式を行わない火葬だけのプラン

伸和社のプレニードプランにおいて、最もシンプルなプランになります。

直葬プラン一覧

通夜を行わない告別式だけの小さなお葬式。一日葬プラン

一日葬プラン

祭典ホール使用のプランです。

一日葬25万円~。

お迎え。ご安置、告別式、初七日、火葬。通夜を行わない告別式だけのプラン

通夜を行わない告別式だけのプラン

告別式のみで故人をお送りしたい方に最適なプランとなります。白木祭壇に変更可能です。

一日葬プラン一覧

通夜、告別式を行う一般的なお葬式。家族葬プラン

家族葬プラン

祭典ホール使用のプランです。

家族葬プラン35万円~。

お迎え、ご安置、通夜式、告別式、初七日、火葬。通夜告別式を行う一般的な家族葬。

通夜・告別式を行うお葬式プラン

ご家族を中心に故人をお送りしたい方に最適なプランとなります。白木祭壇に変更可能です。

家族葬プラン一覧


coopyright(c)伸和社 All Rights Reserved, Produced by FrontMountain.

無料で相談を承ります。早朝でも遠慮なくお電話ください。24時間365日受付可能

24時間365日安心のフリーダイヤル

火葬式、小さなお葬式、告別式、家族葬のご相談はこちら。0120-69-0003

お問い合わせ・見学会・事前相談も随時受付(秘密厳守)