お悔やみの言葉 13-京都で一日葬・火葬式・小さなお葬式・家族葬なら株式会社 伸和社へどうぞ。

伸和社の葬式後のアフターフォロー一覧。葬儀以外にもご相談下さい。



キリスト教の場合

キリスト教式の葬儀ではお悔やみの言葉は用いません。

代わりに遺族に対して慰めの言葉をかけます。

もし初めてキリスト教式の葬儀に参列することが決まったら、キリスト教の死生観を踏まえて適切な言葉がかけられるよう、あらかじめ考えておきましょう。

キリスト教では、死は終わりではなく、天国へ召される喜ばしいことと考えられています。

信仰を持った者は天国で過ごし、キリストの再臨時に永遠の命と体を与えられて復活するというのがキリスト教の考え方です。

遺族は「死は一時的な別離であり、いずれ天国で再会できる」といった希望を持ちます。

しかしながら、大切な家族との別れは悲しく辛いことなので、いくら喜ばしいとされているからといって、「おめでとうございます」などと声をかけてはいけません。

遺族の悲しみに寄り添うことが大切です。

とっさに言葉に詰まったときは、「お祈りします」の一言でも十分です。

仏式でのお悔やみの言葉は避けるようにしましょう。

お悔やみの言葉ではなく慰めの言葉を使う

・天に召された〇〇さまの平安をお祈りいたします
・神さまの平安がありますように
・〇〇さまが安らかに眠られますようお祈りいたします

特に最後の「安らかに眠られますようお祈りいたします」は特定の宗教に偏った言葉が含まれていないため、どの宗教・宗派においても失礼にあたりません。

 

キリスト教の葬儀での忌み言葉

仏教で用いれられる言葉、「成仏」「供養」「冥福」「往生」などは、キリスト教の葬儀では忌み言葉とされています。

キリスト教と仏教とでは死に対する考え方が全く異なりますので、仏教の言葉を使うのは避けるようにしましょう。


  

小さなお葬式、火葬式プラン

直葬プラン

直接火葬場に向かうプランです。

火葬式12万円~

お迎え、ご安置、火葬。式を行わない火葬のみ。

式を行わない火葬だけのプラン

伸和社のプレニードプランにおいて、最もシンプルなプランになります。

直葬プラン一覧

通夜を行わない告別式だけの小さなお葬式。一日葬プラン

一日葬プラン

祭典ホール使用のプランです。

一日葬25万円~。

お迎え。ご安置、告別式、初七日、火葬。通夜を行わない告別式だけのプラン

通夜を行わない告別式だけのプラン

告別式のみで故人をお送りしたい方に最適なプランとなります。白木祭壇に変更可能です。

一日葬プラン一覧

通夜、告別式を行う一般的なお葬式。家族葬プラン

家族葬プラン

祭典ホール使用のプランです。

家族葬プラン35万円~。

お迎え、ご安置、通夜式、告別式、初七日、火葬。通夜告別式を行う一般的な家族葬。

通夜・告別式を行うお葬式プラン

ご家族を中心に故人をお送りしたい方に最適なプランとなります。白木祭壇に変更可能です。

家族葬プラン一覧


coopyright(c)伸和社 All Rights Reserved, Produced by FrontMountain.

無料で相談を承ります。早朝でも遠慮なくお電話ください。24時間365日受付可能

24時間365日安心のフリーダイヤル

火葬式、小さなお葬式、告別式、家族葬のご相談はこちら。0120-69-0003

お問い合わせ・見学会・事前相談も随時受付(秘密厳守)