戒名について 1-京都で一日葬・火葬式・小さなお葬式・家族葬なら株式会社 伸和社へどうぞ。

伸和社の葬式後のアフターフォロー一覧。葬儀以外にもご相談下さい。



戒名の由来

戒名をはじめにつけてもらったのは、奈良の大仏様を作った仏師の孫である女性とされています。

公に戒名を最初にもらった人は勝武天皇とされていて、中国僧鑑真から東大寺で「勝満」という戒名をもらったそうです。

そもそも、戒名は仏道修行に入った出家者に贈られるものでした。

厳しい修行をしなければいただけないので、一般人ではなかなかいただけるものではなかったようです。

しかし、現在では、儀式を受けたり、講習に参加すれば生前でも授けてもらえるようになっています。

もともと、戒律を守る仏の弟子となった証拠のものなので、生前にいただいても問題はないのです。

ただ、現在では、亡くなってから遺族が僧侶に依頼して、通夜の前に授かることが一般的です。

ただ、お骨を埋葬するお寺以外の別のお寺の僧侶に戒名をつけてもらうと、埋葬するお寺から納骨を断られることもあるようです。

ですから、基本的には納骨埋葬を行うお寺で戒名をつけてもらいましょう。

そうしないと、戒名の改名を求められることがあるようです。

ただし、個人の意思で戒名をつけたくなければ、俗名でもいいとされています。

この戒名は、実は宗派によっては戒名と呼ばれないこともあります。

浄土真宗では戒名ではなく、仏弟子になるために法名をいただきます。

また、日蓮宗では戒名よりも法号と言うことが多いようです。

どんなに身分の高い人でも、仏の世界は平等であるということの表れから、名前は、基本的に二文字で表されます。

お位牌に書かれているものは、重々しく長いものがよいと考えられがちですが、本来戒名は二文字だけです。


  

小さなお葬式、火葬式プラン

直葬プラン

直接火葬場に向かうプランです。

火葬式12万円~

お迎え、ご安置、火葬。式を行わない火葬のみ。

式を行わない火葬だけのプラン

伸和社のプレニードプランにおいて、最もシンプルなプランになります。

直葬プラン一覧

通夜を行わない告別式だけの小さなお葬式。一日葬プラン

一日葬プラン

祭典ホール使用のプランです。

一日葬25万円~。

お迎え。ご安置、告別式、初七日、火葬。通夜を行わない告別式だけのプラン

通夜を行わない告別式だけのプラン

告別式のみで故人をお送りしたい方に最適なプランとなります。白木祭壇に変更可能です。

一日葬プラン一覧

通夜、告別式を行う一般的なお葬式。家族葬プラン

家族葬プラン

祭典ホール使用のプランです。

家族葬プラン35万円~。

お迎え、ご安置、通夜式、告別式、初七日、火葬。通夜告別式を行う一般的な家族葬。

通夜・告別式を行うお葬式プラン

ご家族を中心に故人をお送りしたい方に最適なプランとなります。白木祭壇に変更可能です。

家族葬プラン一覧


coopyright(c)伸和社 All Rights Reserved, Produced by FrontMountain.

無料で相談を承ります。早朝でも遠慮なくお電話ください。24時間365日受付可能

24時間365日安心のフリーダイヤル

火葬式、小さなお葬式、告別式、家族葬のご相談はこちら。0120-69-0003

お問い合わせ・見学会・事前相談も随時受付(秘密厳守)