新盆(にいぼん・あらぼん)について-京都で一日葬・火葬式・小さなお葬式・家族葬なら株式会社 伸和社へどうぞ。

伸和社の葬式後のアフターフォロー一覧。葬儀以外にもご相談下さい。



故人の四十九日の忌明け後、初めて迎えるお盆を[新盆=ニイボン]といいます。
【新盆=アラボン】、【初盆=ハツボン】、【新盆=シンボン】などと呼ぶこともあります。
四十九日の忌明けより前に、お盆を迎えた時は、その年でなく、翌年のお盆が、新盆となります。 

◆新盆の時は、親戚・知人・近親者を招き、僧侶を迎えて、読経してもらいます。(読経のあとは、仏への供養の意味で、参会者全員で食事をします。)
仏壇には盆の期間中、朝、昼、晩と3度家族と同じように食事を供えるようにします。これを「霊供膳(りょうぐぜん)」と言います。
普段のお盆よりも手厚く供養するのは、人の情として自然なことと言えるでしょう。

◆最も丁寧な新盆の迎え方
仏壇の前に盆棚=精霊棚(しょうりょうだな)を設け、初物の農作物でつくったお供物(きゅうり・なす)を飾り、供養膳に精進料理を盛り、白玉・だんご・果物・故人の好物なども供えます。なお、このお供物は墓前にも供えるので用意します。
また、お盆の間は精霊に自分の家を教えるために、仏壇のそばとか軒先に新盆堤灯を飾るものとされています。


  

小さなお葬式、火葬式プラン

直葬プラン

直接火葬場に向かうプランです。

火葬式12万円~

お迎え、ご安置、火葬。式を行わない火葬のみ。

式を行わない火葬だけのプラン

伸和社のプレニードプランにおいて、最もシンプルなプランになります。

直葬プラン一覧

通夜を行わない告別式だけの小さなお葬式。一日葬プラン

一日葬プラン

祭典ホール使用のプランです。

一日葬25万円~。

お迎え。ご安置、告別式、初七日、火葬。通夜を行わない告別式だけのプラン

通夜を行わない告別式だけのプラン

告別式のみで故人をお送りしたい方に最適なプランとなります。白木祭壇に変更可能です。

一日葬プラン一覧

通夜、告別式を行う一般的なお葬式。家族葬プラン

家族葬プラン

祭典ホール使用のプランです。

家族葬プラン35万円~。

お迎え、ご安置、通夜式、告別式、初七日、火葬。通夜告別式を行う一般的な家族葬。

通夜・告別式を行うお葬式プラン

ご家族を中心に故人をお送りしたい方に最適なプランとなります。白木祭壇に変更可能です。

家族葬プラン一覧


coopyright(c)伸和社 All Rights Reserved, Produced by FrontMountain.

無料で相談を承ります。早朝でも遠慮なくお電話ください。24時間365日受付可能

24時間365日安心のフリーダイヤル

火葬式、小さなお葬式、告別式、家族葬のご相談はこちら。0120-69-0003

お問い合わせ・見学会・事前相談も随時受付(秘密厳守)