お盆の起源-京都で一日葬・火葬式・小さなお葬式・家族葬なら株式会社 伸和社へどうぞ。

伸和社の葬式後のアフターフォロー一覧。葬儀以外にもご相談下さい。



お盆は、正式には「盂蘭盆会(うらぼんえ)」と呼ばれます。

亡くなられた方やご先祖様が、あの世と呼ばれる世界(浄土)からこの世(現世)に戻ってくる期間のことです。

故人が生前を過ごした場所、主に自宅でお迎えして、再び戻っていくあの世での幸せ(=冥福)を祈る機会となっています。

お盆の正式名称である「盂蘭盆会(うらぼんえ)」は、仏教の「盂蘭盆経(うらぼんきょう)」というお経に由来しているとされています。

盂蘭盆経の「盂蘭盆(うらぼん)」は、サンスクリット語の「ウラバンナ(逆さ吊り)」が起源。

お釈迦様の弟子の一人、目連(もくれん)にまつわる言い伝えを表しているのです。

その言い伝えとは、亡き母が地獄で逆さ吊りの刑を受けていることを知った目連が、母親を救済する方法をお釈迦様から聞くというもの。

お釈迦様の教えが「(旧暦)7月15日に供養する」というものだったことから、現在のお盆の風習が始まったとされています。


  

小さなお葬式、火葬式プラン

直葬プラン

直接火葬場に向かうプランです。

火葬式12万円~

お迎え、ご安置、火葬。式を行わない火葬のみ。

式を行わない火葬だけのプラン

伸和社のプレニードプランにおいて、最もシンプルなプランになります。

直葬プラン一覧

通夜を行わない告別式だけの小さなお葬式。一日葬プラン

一日葬プラン

祭典ホール使用のプランです。

一日葬25万円~。

お迎え。ご安置、告別式、初七日、火葬。通夜を行わない告別式だけのプラン

通夜を行わない告別式だけのプラン

告別式のみで故人をお送りしたい方に最適なプランとなります。白木祭壇に変更可能です。

一日葬プラン一覧

通夜、告別式を行う一般的なお葬式。家族葬プラン

家族葬プラン

祭典ホール使用のプランです。

家族葬プラン35万円~。

お迎え、ご安置、通夜式、告別式、初七日、火葬。通夜告別式を行う一般的な家族葬。

通夜・告別式を行うお葬式プラン

ご家族を中心に故人をお送りしたい方に最適なプランとなります。白木祭壇に変更可能です。

家族葬プラン一覧


coopyright(c)伸和社 All Rights Reserved, Produced by FrontMountain.

無料で相談を承ります。早朝でも遠慮なくお電話ください。24時間365日受付可能

24時間365日安心のフリーダイヤル

火葬式、小さなお葬式、告別式、家族葬のご相談はこちら。0120-69-0003

お問い合わせ・見学会・事前相談も随時受付(秘密厳守)