役に立つ年中行事のミニ知識 9-京都で一日葬・火葬式・小さなお葬式・家族葬なら株式会社 伸和社へどうぞ。

役に立つ年中行事のミニ知識 9-京都で一日葬・火葬式・小さなお葬式・家族葬なら株式会社 伸和社へどうぞ。

一日葬・小さなお葬式・家族葬・火葬式の伸和社へのお問い合わせは0120-69-0003へどうぞ

伸和社の葬式後のアフターフォロー一覧。葬儀以外にもご相談下さい。



役に立つ年中行事のミニ知識 9

土用の丑の日に鰻を食べるのはなぜ?

土用はもともと春夏秋冬の年4回あるのですが、現在では立秋の前18日間の7月20日頃から8月8日頃までの夏の土用のことを言います。

土用の丑の日に鰻を食べる習慣ができたのは、江戸時代のこと。

平賀源内のアイディアによって始まったと言われています。

知り合いの鰻屋から、夏場になると客が来なくて困っているという相談を受けたため、「土用の丑の日」と大きく書いた看板を店の前に出したところ、人々が鰻を買うようになり、繁盛したというものです。


  

火葬プラン

火葬プラン

式を行わない
火葬だけのプラン

165,000円〜

詳細はこちら

1日葬プラン

1日葬プラン

通夜を行わない
告別式だけのプラン

330,000円〜

詳細はこちら

家族葬プラン

家族葬プラン

通夜・告別式を行う
お葬式プラン

440,000円〜

詳細はこちら



coopyright(c)伸和社 All Rights Reserved, Produced by FrontMountain.

無料で相談を承ります。早朝でも遠慮なくお電話ください。24時間365日受付可能

24時間365日安心のフリーダイヤル

火葬式、小さなお葬式、告別式、家族葬のご相談はこちら。0120-69-0003

お問い合わせ・見学会・事前相談も随時受付(秘密厳守)