新着情報-京都で一日葬・火葬式・小さなお葬式・家族葬なら株式会社 伸和社へどうぞ。

新着情報-京都で一日葬・火葬式・小さなお葬式・家族葬なら株式会社 伸和社へどうぞ。

一日葬・小さなお葬式・家族葬・火葬式の伸和社へのお問い合わせは0120-69-0003へどうぞ

伸和社の葬式後のアフターフォロー一覧。葬儀以外にもご相談下さい。



故人の持ち物の整理 ~リサイクルや救援物資に~

そのまま使用できる、あるいは再生できるが、自分たちは間に合っていて不要なものがあります。

これらはリサイクル用品として出したり、救援物資として活用できます。

但し、出すときには洗浄などしてきれいにした状態にすることが必要です。


故人の持ち物の整理 ~不要物の処分~

書類の整理、財産価値のあるもの、記念となるもの、使用あるいは再生できるものを区分けして整理します。

残った物が不要物になりますので、これを処分します。

処分するにあたっては不燃物などの区分けにも留意しましょう。


故人の持ち物の整理 ~使用あるいは再生できるもの~

故人が日常使用していたもので、引き続き使用できるもの、あるいは、修理や洗濯などすれば再生できるものがあります。

これらを選びます。


故人の持ち物の整理 ~記念となるもの~

財産価値は特にないものの、故人が大切にしていて、しかも記念になるものがあります。

時計、趣味の収集物、日記、記念帳、作品集、着物、小道具、書籍、その他です。

形見分けに備え、整理しておくとよいでしょう。


故人の持ち物の整理 ~財産価値のあるもの~

相続財産となるのは預貯金、不動産、株などの証券だけではありません。

財産価値のある絵画、書、陶器、宝石などの貴金属、自動車などもそうです。

形見分けなどして四散しない前に整理しておきます。

ノートに記して、番号札をつけておくとよいでしょう。


故人の持ち物の整理 ~書類の整理~

故人の証明書、証書、カード、財産に関する通帳や登記簿などの書類を整理することが大切です。

死後に必要となる書類関係については、できれば生前に、本人にまとめて1か所に整理しておいてもらうといいでしょう。

元気な時にしかできない作業ですから、生前のコミュニケーションが大切になります。

死亡通知をする際には、本人の交友関係を知るうえで過去の年賀状なども大切な資料となります。


香典返し「忌明返し」

四十九日などの忌明を期して、「無事四十九日も終えることができました」と挨拶状を同封してお返しするもの。

よく2分返し(半返し、香典の半額相当の品物を返すこと)、3分返し(香典の3分の1の額の品物を返すこと)などと言われますが、同額の品物でもかまいません。

大切なのは感謝の気持ちです。


香典返し「即返し」

葬儀の当日にお返しをする方式です。

「その場返し」「当日返し」ともいいます。

利点は、後から香典帳を整理して発送の手配をする手間が省略できること。

香典の金額にかかわらず、お返しは同じ品物で行います。

2~3千円の品物が多いようです。

通夜の弔問に来る方も多いので、通夜と葬儀の両日同じものを用意するとよいでしょう。


香典返し「お返しはどのようにするか」

香典返しは、金品のやり取りに目的があるのではありません。

香典を出すほうはお返しを期待してのものではなく、純然たる弔意の表明として、故人への供養として行うものです。お返しを期待するなら出さない方がましです。

またいただいた側はその弔意をきちんと受け止め、最もいい活用を考える必要があります。

お返しの品物は、従来はお茶、椎茸、海苔などの日常に費やす飲食品、シーツ・タオルなどの繊維製品が多かったのですが、最近はカタログの中から品物を選んでもらうチョイスギフト方式、プリベイトカード、商品券、文具セットなどもあります。

故人を記念した小冊子、故人が好きだった画集など故人ゆかりの記念品をすることもあるようです。


お葬式のあとにすること ❝お礼は遺族で手分けして❞

お礼は関係者が多いと大変です。

喪主一人の責任にするのではなく、家族で協力して、手分けして行いましょう。

若い人でも充分に役目を果たすことができます。




coopyright(c)伸和社 All Rights Reserved, Produced by FrontMountain.

無料で相談を承ります。早朝でも遠慮なくお電話ください。24時間365日受付可能

24時間365日安心のフリーダイヤル

火葬式、小さなお葬式、告別式、家族葬のご相談はこちら。0120-69-0003

お問い合わせ・見学会・事前相談も随時受付(秘密厳守)